覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.8.00

*

iPhone5 でどれだけ「LTE」の恩恵を受けているかを調べる方法。(SoftBank編)

   

iPhone5の良さのひとつは「LTE」の高速通信です。

ただ、速いだけではなく、応答がめちゃくちゃに速いので、さまざまな投稿サービスとかSNSの応答も非常に快適ですし、Safariの表示速度も劇的に向上します。すべてのボトルネックは回線だったんじゃないかと思うほど、LTEを利用することでネットのすべてが変わるくらいの感動があります。

ただ、現在のLTEサポートされているエリアは限られています。各キャリアのエリアサポートは以下の通り。

◆ au

◇ 4G LTEサービスエリア | サービス・エリア | iPhone 5 | au

◆ SoftBank

◇ エリアマップ | ソフトバンクモバイル

そんなときに、酔いどれオヤジさんがこんなエントリーをしていました。請求額を一度確認したほうがいいよという内容だったんですが、その内容を自分でも見てみようってことに。

◆ 【iPhone】iPhone 5に機種変更して請求書をみてみる(SoftBank) (via 酔いどれオヤジのブログwp )

実際にユーザーがどれだけの恩恵を受けているか、それを確認してみたいと思います。

※これから紹介する方法は「MySoftBank」を使っての方法です。auのiPhoneですと、パケット通信すべてがLTE扱いになっているためこの方法でLTEの恩恵を知ることができないようです。 @yosa1972 さんありがとうございました!

パケット通信量の確認の仕方

請求内容を確認するには Safari アプリを立ち上げます。そしてブックマークを開いて一番下の方にある

NewImage

下から2番目にある「My SoftBank」をタップしましょう。

NewImage

すると、MySoftBankに繋がりますので、自分の電話番号とパスワードを入力してログインします。パスワードを忘れた場合はパスワードをSMS経由で送信してもらえますのでご安心を。

NewImage

MySoftBankのホーム画面です。そこから [利用料金の確認] をタップすると表示されます。

みなさんも一度チェックしてみるといいかもしれませんね。ちなみに私の10月分はこんな感じでした。

20121118164547

なるほど集計結果から LTE の恩恵をどれだけ受けているのかわかりました。3Gパケット通信量と4G LTEパケット通信量がきちんと分けて表示されているんですね。私は場合は

3Gが 12,679,244 Pkt
4G LTEが 5,226,757 Pkt

このような結果になりました。

LTEエリアが私の使う場所では対応していないところもまだ多いのでこんな感じとなりましたが、それでも最近は結構LTEが入ってきておりますので、このパケットを監視しているだけでどれだけの恩恵を受けているか知ることができるわけですね。

今のところでは2:1の比率で3Gが優勢ということになりますね。思っていたよりも案外恩恵を受けていたようです。ほんとサービス始まるときはどうせ入らない電波なのに実質値上げじゃんとボヤいていたりしたんですが、撤回します。

今後はこの比率がどのように変動していくかで、LTEの広がりは見ていきたいと思っております。

未確定ながら、11月の途中集計も見ることができるのですが、

NewImage

10月とはまったく違った経過になっているようです。かなりLTE寄りなパケットの流れになっていると思います。どんどん広がっているということを実感できますね。便利も広がっているということにもなりますね!

みなさんのパケット比率も是非教えていただければと思います。

ブログへのいいね!もそのノリで是非!

.

 - Tips , , , , , ,

ブログパーツ