覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.6.50

*

about @CDiP

[2014/01/03 Updated]

当サイト管理人 @donpy と申します。

skitchMAglY6
skitchMAglY6 Photo by donpy

中の人 @donpy について

Ryosuke Nishida
1970年7月22日生(満44歳)

出身:兵庫県姫路市 兵庫県神戸市在住
職業:医療関係(ITの人間ではありません)

▼ Twitter:



********************

▼ Facebook:

http://www.facebook.com/cdip.fb

********************

▼ Google+:
https://plus.google.com/u/0/110269560304362660950/posts

********************

★ miil:donpy

★ Instagram:donpy

★ Pinterest:donpy

★ e-mail: clubiphone3g at gmail.com

趣味:ブログ、ガジェット、シューティングゲーム、オフ会、酒、バイク

◆ 主なガジェット遍歴

Eggy|[es]|Advanced es|EMOne|iPod touch|iPhone3G|iPhone3GS|iPhone4|iPhone4S|iPhone5|iPhone5c|iPhone5s|iPhone6|iPhone6Plus|iPad|iPad2|iPad3|iPad mini|iPad mini Retina|Galaxy Player 70|Nexus 7|ガラケー多数|PHS端末 |FuelBand|LEAP MOTION|

ほぼAppleガジェットで埋め尽くされてる感がありますが、Apple信者でもありません。

◆ カメラ

DSC-P1|DSC-P9|IXY 800IS|D90|DSC-QX10

カメラという機器が好きだと言うよりは、カメラで写真を撮ることが好きなのでそういう意味ではiPhoneのカメラ性能とともにデジカメはほとんど買わなくなってしまいました。

今のメインは iPhone 5s で、サブに D90 と DSC-QX10 でサポートしています。製品レビューなどはできるだけ一眼を使うようにはしています。

◆ ネット遍歴

1994 Nifty Serve 入会 ダビスタフォーラムに常駐 RTC
1995 インターネット利用開始
1997 ホームページ開設 ネットニュース的なまねごとを始める
1997 ダービースタリオン用攻略ホームページ開設
1998 さるさる日記開設
2001 FFXIブログ開始
2005 mixi 開始
2007 ガジェット系ブログ「Club D’s」を tenkomori.tv にて開設
2008 Twitter 開始
2008 「Club D’s」の別館としてはてなで「Club D’s iPhone 3G」を開設
2009 別館と本館の統合に伴い 「覚醒する?Club iPhone 3G」を tenkomori.tv へ移設
2009 WordPress+専用サーバー+ドメイン取得 、現行の「@CDiP」を開設
2010 Facebook開始
2010 Instagram 開始
2011 Google+ 開始
2012 miil 開始
2012 Pinterest 開始
2013 新サーバーにて「uma2x.com」を立ち上げる。
2013 @CDiP サーバー移転を完了ならびに独自ドメイン移管完了

◆ 主なイベント

2009.10-2011.11 竹蔵祭り(主催)
2010.7 AppBank Meets 関西(主催)
2012.2 Dpub 4 in 大阪(幹事)
2012.6 Dpub 5 in 東京(幹事)
2012.9 Dpub 6 in 九州(幹事)
2013.2 Dpub 7 in 東京(幹事)
2013.6 Dpub 8 in 大阪(幹事)
2014.1 Dpub 9 in 東京(幹事)
2014.6 Dpub 10 in 札幌(幹事)
2015.6 Dpub 11 in 東京(幹事)予定

◆ 中の人の頭の中

・リアルとネットはひとつになると思ってますが、それぞれに考えを持っています。

[ネットサイド]
SNSについて
・SNSは基本全フォロー返し。業者とプロフなしは無視してます。
・フォロワー数にフォロー数が超えられたら負けたと思ってしまいます。
・個人用アカウントとブログ用アカウントに分けて運用しています。
・ブログとSNSの連携は最も大切だと考えています。
・ブログ用アカウントから特に面白いモノは個人アカウントからシェアしています。

ブログについて
・ブログは毎日更新。更新しなければ意味がありません。うまく書く必要などないと思ってます。
・ニュースは生もの。タイミングが重要と考えています。
・ブログで発信したことは必ずSNSに流しています。
・Tipsはタイミングは関係なし。わかりやすさと正確さに気を付けて書いてます。
・気に入ったものだけを書く。
・ブログは「書く」もの。なのでタイピングそのものが好きであることが前提だと思ってます。

[リアルサイド]
・私は情報収集者であり、情報発信者です。
・名刺とプロフィールをQRコードで繋げたいと考えてます。
(2012/02/11 繋ぐことができました。)
・できる限り人と出会うことを意識しています。
・挨拶をするだけの出会いではなく、聞くよりも熱く語ります。
・楽しむ時間を最大限に取り、収集発信はできる限り隙間時間を活用しています。
・本が苦手なので、わからなくてもとりあえず最後までを1時間でめくりきります。
・もっと iPhone 業界で頑張っている方々と知り合いたいです。
・ウェブデザインに詳しい方とも知り合いになりたいです。

[マインドサイド]

・人を繋げようと常に目を配っています。
・よい方法を教えてもらったら、なぜその方法に至ったのかを必ず聞きます。
・なぜそうなるのかをひたすら考えます。
・済んだことよりも済んだ後のことを考えます。
・未来は計画するのではなく、一番いいように妄想します。
・連想力と妄想力を高める最高のツールはオヤジギャグを考えることだと思ってます。

★ user chart

Ryosuke Nishida / 脱ムさんのマイページ | user chart [ユーザーチャート] ソーシャルメディアを横断して影響力が測定できるツール
Ryosuke Nishida / 脱ムさんのマイページ Photo by donpy

Ryosuke Nishida / 脱ム
http://userchart.jp/user/?id=401167
(via Ryosuke Nishida / 脱ムさんのマイページ

@CDiP について

◆ 2014年 所信表明 全文

「ブロガーの初心に立ち返る」

いろいろ考えた末に出た結論はこれです。

昨年さんざんブログでは正直手を抜いてきました。最小限の労力で最大限の効果を生みだすなどという戯言まで所信表明で述べていた私はまさに天罰が下ったのではないかと。そこからはじまる様々なネットの変化のボーダーラインの水面の浮き沈みを体験しました。

すべては自分の起こした行動の結果だと思えば、やはりブログに対する態度が真摯ではなかったのかもしれません。

「知った喜び」
「経験した喜び」
「苦労した想い」
「感動」

それらの「ログ」をやはり残したい。もともと私は自分のための備忘録替わりにブログというメディアで発信してきました。それに即したコンテンツを提供を行いたい。情報基地としての本拠地としてブログを捉えるのではなく、私そのものが言いたいことを言う場所としてブログをやはり捉えるべきだと思ったわけです。

なので、今年7月からとある内容のエントリーはすべて別ブログにて展開しようと考えていたことも一旦差し戻して今年一年はこの「@CDiP」にすべてを注ぎ込んでみようと決めました。

自分が「知る」ために発信する。

これで行こうと思います。

◆ 2014年 @CDiP ブログサイトの方針

「得た知識・体験・経験に特化する」

・取り上げた記事について「なぜ取り上げたか」を明記する。
(主従の関係を逆転させない発信)
・新たに発見したこと、経験したことは記事にする。
・ジャンルにこだわらない。

今年は新たな何かは模索しながらも、改めて状況の変わった今のブログの可能性に賭けてみようと思っています。

◆ 2014年更新コンテンツ

2014年1月3日をもって終了するコンテンツ
・Focus系記事([どんブロ][どん速])

現行通りのシリーズコンテンツ
・@donpy 通信
・[どん食]
・[ネクブロ]

単発コンテンツ
・Appleガジェットレビュー
・iOSアプリレビュー
・イベントレポート
・iOSアクセサリレビュー
・その他ガジェットレビュー
・書籍レビュー

以上。

覚醒する @CDiP 運営方針と歴史について

◆ 方針

当サイトは以下のポリシーに基づいて運営・更新しております。

・iPhone に関わる良い情報をピックアップして発信しています。
・iPhone に関わるすべての人を繋げるようイベント情報、ネットイベント情報を発信しています。
・iPhone に関わる良いアイテムをピックアップして紹介しています。
・iPhone の便利さをすべてのユーザーに伝えられるよう努力しています。
・iPhone のみならず iOS を中心とした今後のApple製品の情報を追いかけています。
・iPhone にとらわれないネットサービスの動きを発信しています。
・iPhone が大好きです。道具としても興味があります。ですが、金儲けの道具として使うつもりはありません。

◆ 歴史

2008年7月11日 はてなダイアリーにて「迷走する?Club iPhone 3G」を開設。
2008年12月某日 開設 5ヶ月で 100万PV 突破。
2009年1月1日 Tenkomori.tv にて「覚醒する?Club iPhone 3G」として移転。
2009年5月 AppBank の Podcast に出演。
2009年8月 ファミ通編集部 笠間氏、目黒氏と 4001field代表 大野氏 と CRI 幅氏との対談企画に参加。
2009年10月 初のオフ会「竹蔵祭り」を主催。
2009年12月1日 独自ドメインと専用サーバーで WordPressブログ「覚醒する? @CDiP」として移転。
2009年12月18日 RucKyGAMESさんとのコラボ企画で 「障子破り」ゲームアプリをリリースしていただきました。
2010年4月 ファミ通4/1日号にて iPhoneの達人に訊く に掲載される。
2010年6月 AppBank 新生Podcast に出演。
2010年7月 AppBank Meets 関西 イベントをコラボ主催。
2010年11月 第2回「竹蔵祭り」を主催。
2011年9月 第3回「竹蔵祭り ファイナル」を主催。
2011年10月 iCloudに関するエントリーで初の1000ブクマを達成。
2011年10月 月間PV数がはじめて 100万PV を突破。
2012年4月 ファミ通.comに「ダライアスバースト」紹介記事を寄稿。
2012年5月 Facebookエントリーにて 11,000 いいねを獲得。
2013年4月 株式会社フォーユーの非常勤社員として契約。
2013年10月 FaceTimeに関するエントリーにて 22,000 いいねを獲得。
2013年10月末 株式会社フォーユーとの契約を完了。
2013年11月 株式会社アジャイルメディア・ネットワークのパートナーブログに選出される

現在に至る。

◆ @CDiP 活動サイト

当ページ
Twitter @CDiP
Facebook CDiP ファンページ

ストレングスファインダー

自分の強みを見つけるための180の質問に答えた第三者的な自分像です。次の5つの強みが私にはあるそうです。私にはよくわかりませんが。だいたいこんな感じの特徴を持った人間だと思って頂ければありがたいと私も思います。

SF Certificate Page - Gallup Online - The Gallup Organization
SF Certificate Page – Gallup Online – The Gallup Organization Photo by donpy

【自分だけの特長的な資質】

The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。

自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。

「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。

「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。

【学習欲】

あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習――外国語、ヨガ、大学院など――への参加を促すようになります。それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

【最上志向】

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

【社交性】

あなたは知らない人と出会い、彼らにあなたを好きにさせることに挑戦するのが大好きです。あなたは見知らぬ人を怖がることがめったにありません。むしろ、あなたは見知らぬ人に元気付けられます。あなたは彼らに惹かれるのです。あなたは彼らの名前を知り、質問をし、共通に関心のあることを見つけ出し、それによって会話を始め、関係を築きたいのです。話題が尽きることを心配して、会話を始めることを嫌がる人がいます。でもあなたは違います。あなたは何を話せば良いかを常に心得ているだけでなく、知らない人に近づくことを本当は楽しんでいます。なぜなら、一歩を踏み出して人との関係を作ることから、あなたは大きな満足を得るからです。そして一度そのような関係ができ上がると、あなたはそこでそれを終わりにしてまた次の人へ進みます。これから出会う人は大勢います。新しい関係を築く新たな機会があります。これから交流を持つ新しい人の群れがいます。あなたにとって友達でない人はいません。ただ、まだ会っていないだけなのです。沢山の友達が。

【着想】

あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか? 着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

【コミュニケーション】

あなたは説明すること、描写すること、進行役を務めること、人前で話すこと、書くことが好きです。これにはあなたのコミュニケーションという資質がよく現れています。アイデアはアイデアに過ぎません。事実は、その時々に起こったことに過ぎません。あなたは、それに命を吹き込み、活力を与え、刺激的で生き生きとしたものにしなければならないと感じます。そこであなたは、「単なる事実」を「物語」に転換させて、それを上手に語ります。単なる「アイデア」を取り上げ、イメージと具体例と比喩を使って生き生きとさせます。あなたは、たいていの人は集中力が続く時間がとても短いと思っています。彼らは情報の洪水に見舞われていますが、情報はほとんど頭に残っていません。あなたはあなたが伝えたい情報を――それがアイデアであろうと、事実であろうと、製品の特性や特徴、何かの発見、あるいは教訓であろうと――人々の心に残したいと考えます。あなたは彼らの関心を自分に向けさせ、捉えて放さないようにしたいと思っています。あなたが、最適な言い方を探そうとするのはこのためです。あなたが、ドラマチックな言葉や力強い言葉の組み合わせを使おうとするのは、このためです。人々があなたの話を聴きたがるのはこのためです。あなたの言葉で描かれたイメージは彼らの興味をそそり、彼らの見方を刺激して行動へと啓発するのです。

********************

2013年 所信表明 全文

「想いをカタチにする」

2008年より続けてきた「発信」に対する想いは色々とある。

ひとつは iPhone というガジェットの素晴らしさを伝えたいという欲求。今や誰もが認めるガジェットになったiPhoneであるが、世に出始めた頃のことを思えば感慨深い。もうタッチデバイスの素晴らしさは十分に伝わったのではないかと思う。そういう意味では私の役割は終わったのかと思ったりもする。

ただ、もうひとつの発信に対する想いがある。

「道具というものは使うものであって使われるものではない」ということを伝えたい。与えられたものに対して「考える」「工夫」があってこそ「使いこなせる」。ちょっとしたバグや不具合ですぐに「クソ」と決めつける風潮がどうにも私には受け入れがたい。開発者側が頑張るべきところはそのサポートだけではないのだ。ユーザー側ももう一段賢くなって、建設的な意見をさし出すべきだろうし、多少の不具合ならちょっとした工夫で回避できる場面も多い。「でも、大丈夫」を提供することで、お互いに高めあう流れってのをもっと煽りたいという想い。

だからこそ単なるアプリレビューではなく、iPhone Tips、アプリの利用シーンなどの紹介に重点を置いてやってきたつもりだ。そして直に開発者さんに会う時間を見つけては色々な交流を積極的にしてきた。そんなお互いの想いの掛け橋になれたらと思うようになった。

去年の目標は「もっと知る」だったが、それはそれでまだまだ足りないところもある。自分の中ではギリギリ及第点の60点くらいと評価している。しかしながらさらなる「行動」でもって思いもよらない「気付き」もこれから出てくるかと思っている。

これまでの活動の集大成をそろそろ作ってみたいと思う。

発信のカタチは何もブログに限ったことではないということをみなさんも気付き始めていると思う。私は純粋なWebから少しずつでも距離をとって行きたいと思っている。インターネットというのはブラウザというデジタル信号をカタチに変えてくれる素晴らしいビューワーだ。既にWebサービスはブラウザ上で利用するほうが珍しいほどに変貌を遂げている。

時代は移り変わり、人の流れはブラウザだけじゃない何かに向かっている気がする。確固たる理由はない。ただ、「今一番の手段だけをやっていればOK」とは思わない。何事も複数の手段をもってことにあたることができてこそ本物なのだと思っているからだ。

だからこそまだ誰もやらないような発信方法に今年は挑戦してみたいと思う。その土台もできたし、協力者も得ることができた。あとはやるだけだ。詳しくは準備が整い次第発表したいと思っている。

私の愛するブロガーさんにこの場を借りてお願いしたい。そんな挑戦に興味があったり、そんな私に協力したいという方がもしいらっしゃるならば是非ご一報願いたい。( clubiphone3g at gmail.com )

私は私でこれからやりたいと思っていることをブログ更新の時間を割いてでもそれにあてたいと考えている。そして私の想いに協力してもらいたい人々には声を掛けていこうとおもっている。もちろんそんなめんどくさいことを最初から協力してくれとは言わない。話だけでも聞いてもらいたいと思っている。

◆ 2013年 覚醒する @CDiP ブログサイトの方針

「最小限の労力で最大限の効果を生み出す」

・単発エントリーを強化していく
・日刊は毎日更新する
・Focusはさらなる負担軽量化を目指す。

今年はいつになく、今年どのようにブログ運営していくかをじっくりと考えた。去年までのようにブログに100%の時間を費やせる余裕はなくなったため何を切り捨てるかそれをずっと考えていた。

残ったのは結果的に単発エントリーと日刊となった。Focusはしばらくは続けるつもりだが、何らかの代替手段が見つからなければやがて更新はなくなっていくだろう。今年の4月までには何らかの新しい挑戦に対する結果が出せればと思っている。今はそこに全力を傾けるつもりだ。

かと言って一番大切なのはこのブログで間違いない。その読者様をないがしろにするつもりもない。むしろ「伝えたいこと」をさらにフォーカスして各エントリーが濃くさればよりよいものになるのではないかと考えている。

◆ 2013年 覚醒する @CDiP 更新コンテンツ

2012年をもって終了するコンテンツ
・パズドラフォーカス

2013年より毎日更新するコンテンツ
・@donpy 通信

2013年より規模を縮小するコンテンツ
・For Blogger

現行通りのコンテンツ
・iPhone Focus
・iPhone Tips Focus(週1更新の予定)
・iPhone App Focus(週1更新の予定)

単発記事(不定期)
・アプリレビュー
・パズドラダンジョンレポート
・Tipsエントリー

2012年所信表明

◆ 2012年 所信表明 全文

「iPhone を取り巻く世界を 知る」

iPhone を取り巻く環境は2011年から2012年にかけて大幅に変わりました。一昨年の iPhone4 発売以降から出てきた動きなんですが、 iPhone4S の発売で決定的となった世間のスマートフォンブームです。それに伴い、情報の需要とそれを取り巻く人間が爆発的に増えたように思います。スマートフォンを基礎としたウェブサービス、アクセサリビジネス、アプリ開発、書籍の出版など、目に見えて社会の変貌として捉えられる状況になってきました。

私はネットを中心としてさまざまな「人」と出会ってきました。昨年は「会う」を目標にさまざまなオフ会、セミナーに参加してさまざまな立場の人達の話を聞くことができました。

しかし、さまざまな方々と会って痛感したのは「私は iPhone を取り巻くすべてをまったく知らない」ということです。これだけ情報も集めながら毎日の情報発信をしていても見えているものはほんの氷山の一角です。

私は今年、そんな iPhone を取り巻く状況を今一度「知る」ことに注力しようと思ってます。それは去年はじめくらいまで薄々感じていた「iPhoneはいつまでつづくんだろう」という疑問が払拭されたことにほかなりません。昨年の iPhone4S の発売で iPhone というものは iPod 同様軌道に乗ったと判断しました。

iPhone を取り巻く状況をできるだけ知り、これから iPhone に対してどのような可能性があるのか、さらなる便利を求めていきたいと思っております。それは「人」であり、「サービス」であり、「ビジネス」であり、「需要」だと思ってます。どのような形で発信できるかなど考えず、ただひたすら「知る」に注力していきたい。そのためには去年のような自らが闇雲に走り回るだけでは足りないわけです。

個人ブログとしての足場はある程度固まってきました。この場をあらゆる方々に提供することで情報を集約も目指して行きたいですし、私自身も変わらず新しいものを追うべく情報収集に勤しんでいきたいと思っております。

よく聞かれる質問について

今年の所信表明と共に、コンテンツ見直しについてお話ししてきましたが、最後にひとつ書いておきたいことがあります。

最後にオフ会等でよく聞かれる質問について、ちょっと角度を変えてお答えしておきたいことがあります。

「どんぴさんはいっぱい巡回されてますよね、よくそれだけの記事が読めますね。なぜそこまでやるんですか?」

というような質問ですね。まったくおっしゃる通りで、私はその際必ず「暇人なんですよ。」としか答えてませんでした。せっかくの正月期間ですし、私の考えを簡単に述べておきたいと思います。ちょっと偏屈な答えではありますが。

そもそも当ブログのすべてのコンテンツはこのFocus記事作成のプロセスである、巡回にあります。

一日の中で必ず2回ほど決まった時間(平日と休日は違いますが)に巡回します。その時に時系列にならんだニュースをひたすらタイトルだけ読みます。特に気になるモノはその場で読んでしまう場合がありますが、実はその記事こそが、直感のままいい記事であることが多いです。タイトルで気になった記事は Focus記事を書きながら読んでしまいます。

その際に同じソースからの記事で単なるニュースのかぶりの場合は最速でRSS配信されたニュースを優先してチョイスして他は切り捨てています。逆に同じソースからの記事でもアプリレビューなどの場合はホットな話題と言うことでまとめリンク集の方向でエントリーを検討します。それでも書き足りない場合はレビューしたり、感想を述べたり、日記でちょっと触れたりするわけです。

何が言いたいかと言うと、巡回がなければ、日々の iPhone の世界で起こっているさまざまなことがまったくわからないのです。それを時系列で一気に短時間で流し読みすることで重複内容の記事などの傾向から「あ、今これが熱いんだな」とか「キーパーソンはこの人なんだな」と感覚的に認識できるわけです。フィード単位でRSSを読まないのは私が大事だと考えることは「時系列の中に記事がある」と思うからです。そこから想いがあふれたときは Twitter などでつぶやいてみたり、Facebook でシェアしてみたりと、2次的、3次的に情報をシェアしながら Focus の記事はできてくるわけです。

そこに紹介した記事はそのプロセスの中でなんらか私の心に訴えかけるモノを感じた。ということになります。そこからさらに一歩先まで進められたものだけがオリジナルなエントリーとして書きたくなるわけで、定番エントリーを書き続ける中で、想いを増幅している。そんな感じなんですね。つまり、Focus も「プロセス」の一部なのです。先ほども Focus 記事作成にはプロセスがあると申し上げましたが、「何を思い、何を考えて」取り上げたかのトリガーを自分自身が忘れないようにするための欠片なんですね。

そういう意味ではうちのブログは「プロセス」を発信しているに過ぎないサイトなのかなと思います。まとめエントリーにしても、レビューにしても、OSリリース後の紹介記事など、最終的に iPhone を便利だというひとつの理由を熱く語りたいだけであって、それもまた「プロセス」に過ぎないのです。「プロセス」が「プロセス」を生み出し、それを伝えることでユーザーのみなさまに「iPhoneの便利って何だろう?」と考えて頂ければそれでいいんだと思っています。何度もこの場でお話しさせて頂いてますように、「情報は鵜呑みにしてはもったいない」んです。それを指し示すようなスタンスで発信すればビジネスにもなると思っていますが、私はあくまで「ユーザー視点」のみを取り上げたいわけです。そういう純粋なサイトがあってもいいんじゃないですか?

ですから Focus は続きます。ずっと続くと思います。

賢明な方々にはもうおわかりかと思いますが、つまりは「裏方作業」を晒しているだけなんです。ただ、それが意外と私にも読者様にもブロガーさんにも恩恵があるなと思いましたので。そんな立ち位置でこれらのメインコンテンツは存在しているのでした。だから書けないとかないんです。メモを晒せばそれは立派な情報発信になりますよと言いたくてもっとたくさんの方がやってもおかしくないよなぁと思うばかりです。もったいないです。

「どんぴさんはいっぱい巡回しないと記事がかけないんですよ。記事が書きたくて仕方がなくなるほど人の記事が読みたいんです。」

ぜひお力をお貸し下さい。

.

公開日:
最終更新日:2015/03/29

ブログパーツ