覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.6.50

*

iPhone系ブロガーなら一度は使ったことがあるでしょう。PHG対応正式版「AppHtml」が総本山から発表されました!

   

iPhone系ブログがこれほどまでに盛り上がるとは当時の私は考える由もありませんでした。

「きっと iPhone は盛り上がるだろう」

こうは思っていました。

しかしながら、ここまで「ブログ」として盛り上がるとは本当に思ってなかったですよ。だって、ブログって元々割とハードルの高い仕事なんですから。2008年当時を思い起こせば、個人的には「アフィリエイト」という言葉すら知りませんでした。

そもそも私がアフィリエイトを導入したのは、2010年に入ってからです。

発信したいという気持ちはあったものの、ブログで金儲けなんて考えたこともなかったんです。

「AppHtml」正式版(2013-10) リリース

アフィリエイトプログラムが従前の「リンクシェア」から「PHG」に移行されました。

2013年10月1日をもって、システム的には移行が完了しました。それに伴い、ブログに掲載するアプリをはじめとするさまざまなリンク形式は「PHG」に対応しなければならなくなりました。

それに伴い、10/1 に照準を定めて約1ヶ月半、有志の方々の協力の元、新たなるリンク作成ツールの開発に勤しむ日々が続きました。

AppHtml正式版をリニューアルしました♪ | 普通のサラリーマンのiPhone日記



随分と遅れてしまいましたが、ようやく本日10/20に、元祖「AppHtml」開発された @hiro45jp さんのブログ「普通のサラリーマンのiPhone日記」で「AppHtml」正式版としてリリースに至ったことをご報告申し上げます。

・AppHtmlWeb
http://connect1ngdots.github.io/AppHtml/

・AppHtmlブックマークレットメーカー
http://connect1ngdots.github.io/AppHtml/apphtml2.html

・AppHtml /AppHtmlWeb README
https://github.com/connect1ngdots/AppHtml

・AppHtmlME
https://github.com/connect1ngdots/AppHtmlME/archive/3.0.zip

・AppHtmlME README
https://github.com/connect1ngdots/AppHtmlME

リリースに至るまでの経緯

冒頭にも書きましたように、私はアプリリンクツールの作成について、「ブログを書くにおいて効率的、なおかつ、情報としても簡単に提供できた上に、視覚的にも効果のあるもの」に主眼を置いて 2010年、 @hiro45jp さんにお願いをし、ブックマークレットという当時私にとっては見慣れない形で提供していただきました。

このツールを使うことで、いままで億劫でリンクを貼る事ができなかったコンテンツに対して、簡単にリンクを提供する事ができることで、ユーザーからブロガーを通じて、開発者さんに至るまでのひとつの風穴を開ける事ができたのではないかと思いました。

その後、アフィリエイトも絡めてのリンク作成が可能になることで、利用者が爆発的に増えました。

その中で数々のツールへのアレンジを試みるユーザーさんも多数出てきたりして、いわゆる「亜流」が出て参りました。

われわれの始めた事で亜流がはじまることは非常に喜ばしい事です。ただ、それと同時にツール提供者としての「責任」というものも重くのしかかってくる。そんな時期も経験しました。このたびのアフィリエイトプログラムの変更は、単に運営会社が変わっただけではなく、その細かな規約を網羅する必要もありました。

リンクを貼る事で報酬を得るにはある一定のルールがあるわけです。

このたびの AppHtml の開発において最も時間を費やした事は「ツールとしての安心感」を繰り返し討論しあうことでした。ブロガーが爆発的に増えたこの時期だからこそ、正しいリンク形式を提供することがツールにとっての使命なのだという見解を、何度もチーム内で議論をし、最終的には一同一致した形ではじめることができたことは本当にありがたいことだと思ってます。

数名の有志と共に日々規約を読み解き、規約に沿ったツールを提供することに主眼をおいて、何度もテストを繰りかえしてきました。

そのあたりの経緯は上に示した @hiro45jp さんの本日のエントリーでも語られている事ですので、私のいうべきことはこれ以上何もないと思います。

ツールを作った方々

「AppHtml」をこよなく愛し、あくまでも「本家」にこだわった開発者さんをご紹介しておきます。このツールはすべてブロガーによって作成されたツールです。

・@feelingplace さん

Feelingplace



・@hondamarlboro さん

代助のブログ | iPhoneやiPad、Android、Kindleなどのデジタルガジェット日記



・@toshiya240 さん

Happy-Go-Lucky



そして安定運用に関してテスターとしてご協力いただきました、

・@kuracyan さん

Singer Song iPhone



・@mk_mizuho さん

あかめ女子のwebメモ



本当にありがとうございました。みなさんのツールにかける想いを熱い議論の中でたくさん見る事ができ、最終的にはこのような素晴らしいツールという「カタチ」として世に出せた事は素晴らしいことだと思ってます。マジグッジョブです。

AppHtml について思う事。

私はこの「AppHtml」を、「ブログを書きやすくする道具」と考えています。そして、「ブロガーを繋げるための道具」いや、「ユーザーとブロガー、そして開発者への掛け橋」になるコミュニケーション的側面をも持っていると考えています。

このツールを起点として、さまざまな動きもありました。ある程度のご批判も頂いたりもしたようです。

しかしながら、私はブロガーで、プロブロガーではありません。別に報酬を得るためだけにこのツールを使っているのではなく、日々の発信の「手間」を少しでも簡略化して、さらなる情報発信に余った時間をあてられる。そんな想いでこのツールを使わせてもらってます。

ですからどうぞ、このツールを使うにおいてはあらためて PHG の規約についてはもう一度ご精読をお願いした上でのご利用をお願いしたいと思います。せっかくの便利なツールです。ぜひ道具に使われるのではなく、「賢く、便利に」ツールを使いこなしていただければ幸いに存じます。

結局私は何もしてません。ただ、「分かってくださる」方々を集めて想いを伝えただけです。

冒頭に書いたこと。それがすべてなんですよね。iPhone にまつわるブログがこれほどまでに増え、AppHtml の愛用者が増える事がなによりの喜びです。今後ともよろしくお願いいたします。

みなさんはどう思われましたか?

ブログへのいいね!もそのノリで是非!

 - AppHtml , , , , , ,

ブログパーツ