覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.8.00

*

カメラロール写真を美しく閲覧でき、多彩な外部連携で無限大に活用できる「PictShare」レビュー
〜 Evernote、mixiにも対応。

      2013/11/23

カメラロール写真を美しく閲覧できるビューワとしても、その写真を各フォトアップロードサービスに自在にアップロードできる共有アプリとしても素晴らしいデキの「PictShare」を今日は紹介いたします。

PictShare – multiple photos uploader 1.2
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥230
販売元: 啓 Ito
AppStoreでチェック → PictShare – multiple photos uploader – 啓 Ito

1000000787 1000000720
1000000787 Photo by donpy

発売と同時に購入して、毎日のように使いまくっています。iPhoneの写真管理はこのアプリが現時点では一番使いやすいと思っています。写真ビューワとしての実力も素晴らしいのですが、iPhone写真をネットに共有するあらゆる手段がこのアプリ一本で管理できるのは凄いことです。

以前はiPhone写真を iTunes の同期で iPhoto に取り込んでいました。そこから、Pastebotというコピペアプリを使うようになってローカルに手軽にデータの取り込みができるようになり、便利に使っておりました。

このたびのPictShareのリリースでそのローカルをも飛び越えて、ネット上の写真共有サービスへ直接保存できるようになり、私の写真そのものの管理も変わりました。

少しイメージが湧きにくいアプリなのかもしれませんが、

・カメラロール写真をiPhone上でデフォルトアプリよりも見やすく使ってみたい方
・iPhoneで撮った写真を Flickr Picasa フォト蔵などのオンラインフォト管理サービスで管理したい方
・ローカルで写真管理に限界を感じている方
・手軽に自分の撮った写真をすぐにSNS(mixi,Twitter,Facebookなど)で共有したい方
・ブログにiPhoneで撮った写真を使いたい方

にはオススメのアプリです。では早速使ってみたいと思います。

(続きは折り込みます。)

ビューワとして美しく閲覧

まずはこのPictShareをビューワとして使ってみましょう。そのサクサク感とヌルっとした動きに感動することと思います。

1000000732 1000000733
1000000732 Photo by donpy

起動させますと、iPhone内のアルバム一覧が表示されます。下のタブからイベント、人物からも写真を見ることができます。このあたりはデフォルトアプリと同じような感じなんですけども、左のSSのフォトライブラリ項目を見て下さい。

時系列に沿って細かく仕分けされているのがわかりますね。また、カメラロール項目が以前のバージョンでは最下段に配置されていたのですが、今バージョンから最上段に配置されたのが何気にうれしいですね。一番外部連携で使う項目ですので。このあたりの細かい配慮が良いと思います。

1000000724 1000000725
1000000724 Photo by donpy

この間参加した Dpub2 のときの写真一覧です。何の設定をしなくても日付により仕分けされています。写真はタップではなく、ダブルタップで大きく表示させることができます。写真は全画面ではなく、軽く浮き上がるようなエフェクトと共に表示されます。このあたりのヌルっと感が癖になりますね。

1000000790 1000000792
1000000790 Photo by donpy

一覧選択画面の下メニューに「サイズ変更」という項目があるのですが、これは写真のサイズを変更するためのボタンではありません。選択しますとスライダーバーが表示されてそのボリュームに従ってサムネイルサイズが変更できます。最小にした場合こんな感じになります。フォルダを掘り進むと、日付で仕分けされているのもわかりますよね。このあたりが古い写真を見つけるためには非常に便利です。

1000000788 1000000789
1000000788 Photo by donpy

アプリそのものは縦向き使用に設計されていますが、写真そのものは横向きにも対応しているようです。iPhoneを横向きにすれば、写真はきちんと回転しますので、ランドスケープ写真もキレイにみることができますよ。

全体的に動作がキビキビしていて、動き出すとヌルっと動くその感じが気持ちいいです。

外部連携とその準備

そして、ビューワーだけじゃないこのアプリの素晴らしい点は「外部連携」が凄いということです。アプリの基本設計はアプリ名にもありますように、「アップローダー」としての機能でして、様々な写真共有ウェブサービスへiPhoneから直接写真をアップロードできます。

1000000735
1000000735 Photo by donpy

ご覧のような多くのサービスをサポートしています。

・Twitterやmixi、FacebookのようなSNS系で、撮った写真をすぐにみんなに見せる。
・Dropboxのようなストレージ系に写真を保存。
・ライフログとしての写真はEvernoteに。
・総合的な写真管理として Flickr、Picasa、フォト蔵に保存。
・親しい友人に写真をメール。

目的に応じてiPhoneで撮った写真をPictShareで振り分けてローカルではなく、ネット上に保存することができるわけです。ネットに写真を置くことの是非については今回は割愛しておきます。

とにかく便利だと思うのは、ローカルストレージを圧迫することなく、自分の思い描いた写真管理(仕分け)をiPhoneという端末のみで完結できるということです。

但し、このアプリはアップローダー機能がメインです。ビューワ機能も搭載というのはあくまでもiPhoneローカルの写真を見ることができるだけで、アップロードした写真の閲覧機能については搭載されておりません。詳しくは後述します。

1000000721 1000000722
1000000721 Photo by donpy

mixiやら、Facebookとの連携設定をしています。連携設定は、メイン画面の右下の「設定」内の「サービス設定」から行って下さい。

10000007341000000723
1000000723 Photo by donpy

私が使いそうなサービスを設定してみました。これだけの外部連携があるといかにも便利そうなところがgoodですね(笑)

アップローダー機能を使ってみよう

統合アップローダーということで、各サービスごとに微妙にアップロードできる内容がもしかしたら違うのかもしれませんが、今回は私のメインで使っている Flickr についてやってみましょう。

ビューワ画面でアップロードしたい写真をタップしてどんどん選択していきましょう。

1000000736 1000000737
1000000736 Photo by donpy

何枚でも選択できます。選択後、「送信」をタップ。

1000000727
1000000727 Photo by donpy

するとアップロード設定画面に遷移します。このSSでは一枚だけ選択した状態なんですが、何枚選択しても一括で色々と設定できるのが非常にうれしいところです。

100000072810000007291000000730
1000000728 Photo by donpy

公開設定、解像度、セット、写真のタイトルとか説明、タグの一括指定などもiPhoneですべて指定できます。解像度指定は非常にうれしいですね。基本プライベート写真はオリジナルでアップして、ブログ用の素材写真などは480pxあたりで保存しています。一度設定した項目は保持されるのもうれしいですね。いちいち指定しなくてもいいですから。

個人的には360pxが一番欲しかったので、作者のitokさんに要望出しましたところ、次バージョンで実装してもらえるとのことでです。ありがとうございます。

1000000738 1000000739
1000000738 Photo by donpy

そしてアップロード。アップロード中のアニメーションが美しいです。進捗状況がわかりやすいですね。ちなみに、バックグラウンドでのアップロードにも対応していて便利ですよ。

そしてアップロードが終わった後にメニューが出ます。その時点でTwitterにつぶやけたり、Facebookに投稿できたりもします。その中の「リンクをコピー」を選択すると、一括でリンクをはき出すので何かに使えないかなと思ったりもしました。試しにPastebot起動させてみますと、

1000000740
1000000740 Photo by donpy

こんな感じになりましたです。

SSでは伝えきれないのが悔しいのですが、このアップロードの一連の作業が非常に簡単でやりやすい。ユーザーの操作ステップを最小限に抑えようとする色々な配慮が見られますし、待ち時間も退屈しない作りに好感が持てました。ここでもとにかく軽いということを強調しておきたいと思います。

肝心なのはそこからのユーザーそれぞれの活用です!

今回はアプリの内容について紹介いたしました。

実はこのエントリー、もうちょっと深いところまで書く予定だったのですよね。

このアプリはあくまでも、各写真共有サービスへのアップローダーなんです。そこからの活用で色々なことができるんじゃないかと思っております。実際、他のアプリですとかブックマークレットとの連携で、iPhoneで撮った写真をさまざまな形で活用させていただいてます。そのアイデアはユーザーさん次第で無限大に広がっていくのではないかと思ったりもします。

何を隠そう、このエントリーで紹介したSSも「PicShare」を使って写真をアップロードし、 @hiro45jp さん提供の「PhotoHmtl」というブックマークレットで一括で画像htmlを自動生成させて貼り付けて作成しました。

Mozilla Firefox
Mozilla Firefox Photo by donpy

ブログ更新には最強のタッグだなぁと思っております。

また、アップロードした写真をどう見るかというのも一つの活用法として出てくると思います。

アップロードした写真についてはそのサービスに応じた様々なiPhoneアプリでのビューワアプリがありますので、探してみて下さい。ちなみに私はメインがFlickrですので、 FlickStackr というアプリを使っています。レビューも行いましたのでよろしければ是非。

iPhoneとFlickrの連携を最大限活用できるアプリ「FlickStackr」 〜母艦なしでガシガシFlickrにカメラロール画像をアップしよう。
http://www.donpy.net/standard-entry/app-reiview/12826.html
覚醒する? @CDiP

何もそれだけが活用ではありません。さらなる活用法をみなさんが見いだして下されば楽しくなるなぁと思いました。是非みなさんもこのアプリで楽しいiPhoneカメラライフを送って頂ければと思います。

.

PictShare – multiple photos uploader 1.2
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥230
販売元: 啓 Ito
AppStoreでチェック → PictShare – multiple photos uploader – 啓 Ito

.

 - アプリレビュー , , , , , , , , , , , , ,

ブログパーツ