覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.8.00

*

現在のiPhoneの契約を見直してきました。
〜 ソフトバンクショップに「3つの相談」を持ち込んでみた (最終回)

      2013/09/02

このエントリーはあくまでも私がソフトバンクショップに行って個人的に相談した内容です。すべてのユーザーさんにこの相談内容が適用されるとは限りませんのであくまで参考までに留めて頂けるとありがたいです。


Photo by donpy

だいぶ間隔を置いてしまいましたが、ソフトバンクショップに持ち込んだ3つの相談の最終回をお届けしたいと思います。最終回は3つ目の相談なんですが、記事に書くには非常に難しくうまく表現できますかどうか…。

iPhoneホワイトにMNP乗り換え契約した経緯とわかったこと。
〜 ソフトバンクショップに「3つの相談」を持ち込んでみた (1)

http://www.donpy.net/notebook/13492.html
(via 覚醒する? @CDiP )

iPad2の購入を見送った理由
〜 ソフトバンクショップに「3つの相談」を持ち込んでみた (2)

http://www.donpy.net/notebook/13493.html
(via 覚醒する? @CDiP )

早い話が「iPhoneの料金プラン変更」の話です。つまりはパケット料金定額から、変動制に変えたという話です。

既にPocket Wi-FiなどのWi-Fiルーター端末。auやdocomoのアンドロイド機器でテザリング機能が使える端末をお持ちの方で、iPhoneの定額プランをどうにかしたいとお思いの方々も多くなってきているのではないかと思い、エントリーさせていただきました。

iPhone の料金プランは2つ(3つ)ある。

iPhone 4 / 3GS:月月割 | ソフトバンクモバイル
iPhone 4 / 3GS:月月割 | ソフトバンクモバイル Photo by donpy

これだけ見ると、「料金プラン一杯あるじゃん」とお思いの方も沢山いらっしゃるかもしれません。本当にややこしんですが、これはデータ通信料に対するプランと、本体料金に関する割引に対するプランと、通話料に対するプランの計3つが巧みに絡み合っているからなんですね。それらが互いに入り交じっていて余計にわかりにくくなっています。

あくまで今回私がお話するのは「データ通信料」に関する部分の契約変更なんですよね。それは3つしかありません。

料金プラン
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/price_plan/standard_price_plan/
(via iPhone 4 / 3GS:標準プライスプラン | ソフトバンクモバイル )

ご存じの方も多いかと思いますが、iPhone購入時に料金プランの契約をしなくてはなりません。つまり、国内のAppleStoreあるいはソフトバンクショップでiPhoneを購入された方ほぼすべてがこの説明を聞いているはずなんです。それよりも新機種を目の前にして舞い上がっていて、本体料金の割引率の高い「パケットし放題フラット」プランを選択された方も多いのではないかと思われます。いわゆる機種代金実質負担額が0円で購入された方はすべてそのフラットプランに加入しているはずです。

実は現在契約中のユーザーのほとんどは「標準プライスプラン」もしくは「パケットし放題 for スマートフォン」と「パケットし放題フラット」のいずれかに入っています。実は「標準プライスプラン」はプライスプランを選択する際にのみ選択できる料金プランで後々の変更では選択できないようなんです。従って、選べる料金プランは「パケットし放題フラット」か「パケットし放題 for スマートフォン」のいずれかになるわけです。

それぞれの料金プランをまたぐ場合に、そもそも跨げるのか。また、違約金などの発生などがどうなるのか非常に複雑でわかりにくかったので、実際私の契約体系からどうなるのかを質問してきました。

そもそもなぜ料金プランの見直しをしたのか

skitchNNTE7w
skitchNNTE7w Photo by donpy

持っているガジェットなり通信機器がiPhoneが唯一という方にはまったく関係のない話なのかもしれません。

ただ、私の場合は多くのガジェットを所持しており、モバイルシーンにおいてどの機器を使うのかによって、いろいろな組み合わせを試してきました。回線数がそもそも複数だったり、通信機器が複数という方々にとって、一番便利なのは、一番コストが抑えられるのはどんな組み合わせなのかと考え始めるとそれはもうパズルです。その中で自分の通信環境を考えて選択していかねばなりません。

iPadも3G版、Wi-Fi版それぞれを持って運用したり、MacBook Airをモバイル機器として使うためにイーモバイルの「Pocket Wi-Fi」ですとか、DTI製の「DTIハイブリッドモバイルプラン」も併用しています。その上でのiPhoneの3Gパケット通信が実際どうなのよ?という話になってくるわけです。

一台のWi-Fiルーターに対して5台の端末が管理できるときに、あくまでキャリアと契約した1回線を1端末に限定されたiPhoneのデータ通信契約がどうしてももったいなく感じてきたわけです。(日本で販売されているiPhoneはテザリングできませんからね。)

できれば、iPhoneからの直接のデータ通信をOFFにして安くできないか。また、それをWi-Fiルーターで本当に補えるのか。それが焦点だったわけです。

2ヶ月に渡り、iPhoneのモバイルデータ通信を基本OFFにして運用した感想

skitchxIiGVj
skitchxIiGVj Photo by donpy

実は2月くらいから、そのことを感じていまして、実際に「モバイルデータ通信」をOFFにしてiPhoneが運用できるのかをテストしていました。色々な場所で言われていることですが、iPhoneのモバイルデータ通信をOFFにしてもたらされるデメリットはたった1点しかありません。

「MMSが使えなくなる。」

ということです。私はiOS3.0がリリースされたと同時に周囲の方々に「hoge@softbank.ne.jp」アドレスを広く伝えてしまったのが失敗でした。私のリアル連絡の基本はMMSになってしまっていたのです。では、常時Wi-Fiの電源を切らずにiPhoneと共に持ち歩いて、MMSだけ制限なく使ってみて通信料はどのくらいになるかという話もあるのですが、

モバイルWi-FiルーターでiPhoneを運用: パケット使用量はどうなる?
http://iphone-lab.net/archives/132662
(via モバイルWi-FiルーターでiPhoneを運用: パケット使用量はどうなる? | iPhone 研究室(iPadもね) )

尾崎さんが実際にテストしてくれていますように、上限突破しているとの結果も出ておりまして、結局モバイルデータ通信はOFFにするしかありません。ってことで、私は「MMSを使わずに運用できる」ように周囲の環境をまた変更しました。2ヶ月かけて。最初の1ヶ月でほぼ完了していて、あとの1ヶ月は本当にこれで困ることがないか、時々モバイルデータ通信をONにして届いているMMSをチェックしていましたが、問題ありませんでしたので、いよいよってことで、今回の相談に行ったわけです。

逆にモバイルデータ通信をOFFにしたことで、驚いたのが、

「iPhoneのバッテリーの持ちがかなり良くなった」

ということです。思わぬ副産物もあったということですね。

ソフトバンクショップで相談した内容

準備は整ったと言うことで、私の契約体系で本当に固定制から従量制に変更できるのかを確認しに行ったわけです。

ど「えと、さらにもう一つ相談があるんですけども、今の私のiPhone4の契約を固定制から従量制に変えることはできますか?
ソ「お客様の現在の料金プランを確認して契約時期を確認致します。
・・・・・(しばし待つ)・・・・・
ソ「おまたせ致しました。お客様の契約ですとイレギュラーながら従量制に変更ができます。
ど「おお、そうですか。(やったー!!)」(イレギュラーってなんだろ)
ソ「但し。なんですが、お客様が変更できるプランは標準プライスプランではなく、パケットし放題 for スマートフォンという形態になります。
ど「それは具体的にはどう違うんですか?
ソ「はい。簡単に言うと上限額が変わってきます。標準プライスプランなら上限4410円ですが、パケットし放題 for スマートフォンですと5985円になります。
ソ「それと、今日契約し直しますと、今日から2年間の縛りが発生します。もちろんそれまでの解約には違約金が発生します。

予想していた通りの返答でした。事前に調べていますと、2011年11月11日以降の契約はフラットプランからの契約変更はできないが、それ以前に契約したユーザーであれば特例で上限額はアップするものの、従量制に移行できる。まさにそのものでした。

私の調べたソフトバンクモバイルサイトではこういうふうに表示されていました。

iPhone 4 / 3GS:バリュープログラム(i) | ソフトバンクモバイル
iPhone 4 / 3GS:バリュープログラム(i) | ソフトバンクモバイル Photo by donpy

めちゃくちゃ見えにくいですね。

ど「ええ、それでいいです。
ソ「それとですね、契約時のプランと変わりますので以後の月々割の内容も変更になるんです。フラットプランの場合は月々1920円の割引が利いていたんですが、1440円の割引に変わります。それでもよろしいですか?
ど「ああ、そうだ。料金プランの変更で違約金とかかかったりするもんなんでしょうか?
ソ「今回の契約変更については違約金は発生しません。ご安心下さい。

うお、それは知らなかった。っていうか契約時に聞いていた話のはずなんですが、忘れていました。

月月割
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/price_plan/super_bonus/
(via ソフトバンクモバイル )

なるほど明記されているんですね。後から調べて分かりました。いずれにせよ、従量制の最低金額で運用できるならば、今よりも確実に安くなるのは分かっていましたので、そのまま料金プランの契約の変更をお願いしたわけです。

実際にどうなったのか?

あくまでも皮算用ではありますが、この料金プランを変更することによって契約は以上のように変わりました。

・パケットし放題フラット(4410円/月)からパケットし放題 for スマートフォン(最低金額 1029円/月)に。(月額 -3381円/月)
・月々割が1920円/月から1440円/月へ。(月額 +480円)
・Wi-Fiスポットが使用不能に。
・再契約から縛り24ヶ月が発生。
・プラン変更について違約金は一切発生しない。

差し引き月々2901円が浮く計算になるわけですね。

残りの契約が1年半くらい残っていることを考えると、何かしらのWi-Fiルーターで不自由がないのであればお得だということになります。私の場合は2012年7月までの契約ですので、15ヶ月の契約期間が残っていました。従いまして、2901円×15ヶ月=43,515円 浮く計算になるわけですね。

その皮算用と、前々回のホワイト購入時のMNP移行によるキャッシュバックを足せば、ホワイトを契約しても損はないと判断したわけです。(もちろん毎月の運用費用はかかりますので使用者が増えない限り得ということはないと思います。)

モバイルデータ通信をOFFにした現在のiPhoneの運用について

いくら心を鬼にしても、いつでもiPhoneの設定項目で「モバイルデータ通信」をONにさえすれば、3G通信はできてしまうわけです。そうならないために私はどのように運用しているかの大事なポイント3点について最後に書きたいと思います。

Wi-Fiルーターの電源を外出時に絶対にOFFにしない。

だいぶ昔に私は「iPod touch」と「iPhone」はぜんぜん違う。なぜならすぐに通信できないから。と言ったことがあります。いくらWi-Fiルーターを活用したとしてもそのWi-Fiルーターの起動時間を待っていてはモバイルシーンにおいては時間の浪費だと思ったからです。

”Pocket Wi-Fi+iPhone” で ”iPad Wi-Fiモデル” のモバイルシーンをシミュレートしてみる。
http://www.donpy.net/notebook/test/7676.html
(via 覚醒する? @CDiP )

昔にも検証していたのですが、状況は変わりました。今は「バスタブ」があるんです。

バスタブ (MUGEN POWER)の実力をまざまざと見せられた。
〜 Pocket Wi-Fi用大容量バッテリー検証。

http://www.donpy.net/standard-entry/review_2/13297.html
(via 覚醒する? @CDiP )

これについても検証してみたのですが、あくまで私の使用環境におきましては丸一日電源入れっぱなしでも大丈夫だったんですよね。ってことで常時通信ONにできるということはほぼ3G回線を利用していることと変わらない環境が実現できていることになるのです。

ただし、もう一台のDTIのWi-Fiルーターは電波の安定性は素晴らしいとは言え、バッテリーにかなりの不安がありまして、今のところサブに留まっております。

MMSを不要なものに仕立て上げる

MMSは本当に失って便利さがわかります。

「SMSで代用利くじゃん」

とか思ってる方は大きな罠ですよ。MMSを使わないということはSMSも使ってはならないのです。その理由は @goryugo さんがかなり昔に言って下さってます。

iPhoneで3G通信を切ったらメールはどうなるのか?MMSとSMSの違いをまとめた
http://goryugo.com/20110112/smsmms/
(via @goryugo )

このエントリーで言っていることは、

・SMSは画像が送れない。
・SMSの文字数制限は結構厳しい(335文字という説あり。)
・335文字以上でも分割でMMSとして送信してしまう。(実際は送信されていないのだが、こちらにその旨は通知されない。)
・一番やばいのは送れなかったことがわからない。
・相手も送れたと思って送信しつづける可能性がある。(送られなかったことが通知されないから)

つまり使うなということなんですね。使うことで相手が安心して長い文字のメールを送ってきたり、画像付きメールを送ってきたとしてもあなたは受信できないんです。しかも相手は実は送信できていないということに気づく手段がないわけです。使えないでしょう?

その代用はやはり「i.softbank.jp」かその他のeメールもしくはWebメールサービスを利用するしかありません。私は2ヶ月という移行期間を作って「i.softbank.jp」を周知しました。gmailでも良かったのですけどどちらが正解だったんでしょうね?

もう一つの手段はネットの知り合いで比較的仲の良い方ならお勧めなんですが、「Beluga」というアプリを利用することです。

Beluga 1.2
容量 : 2.3 MB
リリース日 : 2010/11/10
カテゴリ : ソーシャルネットワーキング
価格 : 無料
販売元: Beluga Inc.
AppStoreでの評価 : 4.5
AppStoreでチェック → Beluga

基本的には双方がFaceBookユーザーであることが条件なのですが、この際ですからFaceBookに登録してこのアプリをできるだけ導入して置いた方がよいと思われます。

くじらのお話~ 「Beluga」。
http://www.donpy.net/standard-entry/app-reiview/13337.html
(via 覚醒する? @CDiP )

これを導入することによって、MMSとほぼ同等、いや、それ以上の機能が使えてプッシュ通知も実現します。私はできるだけこちらを薦めています。

使用パケット”0”を時々見てモチベーションを高める

1000000671
1000000671 Photo by donpy

実はこれが一番重要かもしれません。このSSはこの記事のソフトバンクショップに訪れて白iPhoneに乗り換えてからずっとパケットを使っていないことを示しています。

とにかくモバイルデータ通信をOFFにすることはおそらく「禁煙」「禁酒」することに似ているのかもしれません(したことないけど)。とにかく毎日この画面でパケット”0”を見てニヤニヤしながら、MMSの呪縛から逃れましょう。

私の場合は、移行期間もあって準備できていましたので、5月からの運用でもまったく問題なくゼロパケット運用が実現しています。

最後に

ま、私のわがまま環境でちょっとでも通信費コストを削減するための相談だったわけですが、参考になりましたでしょうか?

このような話題も実はゴールデンウィークに @spring_friends さんが竹蔵にいらっしゃったときにも直接させていただいたりもしました。その時聞いた恐ろしい話がありまして…

「2011/11/11以前に契約したのに、従量プランに変更できない魔の期間があるんですよ。そのせいでボクは移行できないんです」と。

そんなことがあるのかと調べてみたのですが、どうにも見つかりません。このあたりは調査が必要なようです。そのとき彼に詳しく聞かなかったので状況もわからないのですけども、そういう場合もあるようなので要相談ですね。

とにかく、キャリアがユーザー囲い込みのために、通信プランとガジェットを一緒に扱い、料金プランに盛り込んで縛りをかけるという現状は早くなくしてもらいたいですね。私の理想はガジェットとインフラは分離してもらいたいってことです。この時代にファミコン本体を買うがためにクソゲーファミコンカセットの抱き合わせ販売と考え方は一緒とかありえんだろーと思うばかりです。

まー、それでも複数の通信デバイスを1回線で使うという状況がまだまだ現状では贅沢すぎるんだろうなと反省しています(してないけど)。近い将来きっと現状が打破されることを祈りまして一連のエントリーの〆とさせていただきます。

長文乱文お付き合い下さりましてありがとうございました。

.

 - 雑記 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ブログパーツ