覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.6.50

*

[iPhone 5s] 噂の「スローモーション」撮影機能を使って @monochr さんの「親指シフトの打鍵実演」を撮影してみました。

   

こんばんは! @donpy です。ここんところ毎日のように iPhone 5s のネタをお届けできて幸せですわ〜。

先日はもうひとつの新機能「バーストモード」についてエントリーしましたが、本日は iPhone 5s のカメラ新機能「スローモーション撮影」機能についてご紹介しようと思います。

機能はご想像の通りなんですよ。動画をスローモーションで撮れる機能ってことになるんですけど、この中身がなかなかスゴイ。

スローモーション撮影の仕方

とにかく簡単です。カメラを起動し、「スローモーションモード」に切り替えて撮影ボタンをポチっとタップするだけ。

NewImage

この画面で右の赤いボタンをタップするだけでスローモーション撮影が開始されます。

撮影された動画はカメラロールに保存されるのですが、その全編はスローモーションモードとして 120fps で撮影されています。しかし、スゴイのはその動画の中で「どこを」スローモーションにするのかをユーザーが任意で選べるってところですね。

撮った動画の「スローモーション」位置は指定できます。

Skitched 20130926 224204

2つの赤丸をドラッグすることでスローモーションにしたい場面を選択することができます。その編集結果を動画に書きだし、Youtube にアップすることも簡単でした。

スローモーション撮影・実践編

ぜひその機能を使ってみたいと思っていたところ、先日行われた、「四国ブロガー会」の中でデモされていた、@monochr さんの「親指シフト実演」がぴったりだなと思い、本人の了解を取って撮影させていただきました。

親指シフトの無駄のない指の動きをじっくりと見て取れるんですね。これは素晴らしい。

これは、動きが速くて普段見逃してしまいそうな場面をスローモーション機能でばっちり見られる面白い機能だなと思いましたですよ。次はどんなスローモーション動画を撮ろうかわくわくしています。

みなさんも是非スローモーション撮影に挑戦してみてください。

ブログへのいいね!もそのノリで是非!

.

 - iPhone , , , ,

ブログパーツ