覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.6.50

*

「 新型 iPad Style Book 〜第3世代iPad 対応版 」を読んで。(プレゼントあり)

   

iPad は iPhone と同じ iOS を持つデバイスでありながら、当ブログではそれほど何かを紹介することがありません。

iPad は私の場合、単目的に使用することが多いため、例えば「Safari」を見るだけでも十分便利だったり、写真を大きく子供に見せて楽しむですとか、マップで、次の旅行の行き先を調べたりだとか、基本的な iPad に備えられた機能を使うだけでかなり事足りるんです。

「画面がデカイ」を最大の利用ポイントとして使っている私にとっては、空気のような存在だったりします。

そんな iPad も本気で使い込んでみようと思えば、iPad ならではの「使い方」というものがあるんだなぁということがわかりました。そう、この本で。

毎度ながら、iPhone / iPad の新型が発売されるたびにお世話になっている「StyleBook」シリーズの最新刊が発売されました。最強の執筆陣が毎回渾身の記事を書いて下さってます。

この本を通して、新しい iPad の魅力に色々と触れることができました。早速その内容に迫ってみることにしたいと思います。

4チャプター構成で初心者から上級者まで読みごたえあり。

この本は4章構成になっていまして、

Chapter 1: iPad を使いこなすために
Chapter 2: iPad でコミュニケーション
Chapter 3: iPad を趣味に活かす
Chapter 4: ビジネスにも iPad を

徐々に上級者向けの内容になっていきます。

iPad を使いこなすにおいての準備からビジネスの活用まで、さまざまな利用シーンごとの最適な使い方、最新アプリの紹介などが軸となっていて、これまでの StyleBook 同様、非常に濃い内容になっておりました。

ちなみに iPhone4S Style Book ではチャプターが細分化されていて実に18個のチャプターから構成されていたんですが、今回はシンプルに 4つのチャプターとして構成されることで、リファレンス的な使い方よりも、iPad 全般的な使い道を見つける「ヒント」がたくさん盛り込まれているように感じました。

実際に読んでみて、これだけ iPhone / iPad に触れていながらこんなに自分が知らないことがあるんだなと感心するばかりの内容でしたよ。独断と偏見ながら各章のハイライトをお送りしてみたいと思います。

Chapter 1: iPad を使いこなすために

第1章は初心者向けの iPad の基本的な操作方法から始まり、文字入力方法、ネット接続の設定方法などが詳しく解説されております。また、アプリを購入するための AppStore への AppleIDの登録など、基本的な設定方法、 iPad のもつ基本機能全般が網羅されている感じでした。

中でも、ネット接続の項目はいきなり上級者向けの「シムロックフリー版」iPad の接続設定方法まで解説されているのは驚きました。

また、自宅のWi-Fi設定も単純にルーターの設定のみにとどまらず、PC経由のインターネット共有機能を活用する方法なども紹介されていました。iCloud と iTunes の使い分けに関する内容は実際にどちらで管理するかを迷われている方々に取っては非常に有用な記事だなと思いました。

Chapter 2: iPad でコミュニケーション

Chapter 2 では、コミュニケーションにスポットを当てて、iPad で取ることのできるコミュニケーションについて詳しく解説されていました。iMessege 、 MMS/SMS 、メール、FaceTime などの個々宛のコミュニケーションから、ネット接続を基とする「Safari」とか「マップ」など、iPad のもつネット接続して使うデフォルトアプリなどの解説に至るまで紹介されていました。

中でも私が面白いなと思ったのは

・Safari版 の Gmail もメーラーとして活用しよう
・標準アプリでも高機能!? Safari版 Google マップ

の項目です。デフォルトアプリにない機能がウェブ版では搭載されていたり一部ではアプリ版よりも使い勝手がいいのではないかと思うほど充実しているんですよね。アプリはアップデートが必要ですが、ブラウザ版はそれがいらないので、そのあたりもたまにチェックした方がいいなと思った次第です。

また、iOS 5 より搭載された「プッシュ通知」機能の通知センターについても詳しくその表示方法について解説されていました。併せて通知アプリ「Boxcar(レビューあり)」も紹介されていました。

Boxcar 4.2.1
容量 : 16.7 MB
リリース日 : 2009/07/09
カテゴリ : ソーシャルネットワーキング
価格 : 無料
販売元: appremix
AppStoreでの評価 : 4
AppStoreでチェック → Boxcar

またこれは私は知らなかったんですが、Safari で範囲選択してコピーした内容はメールなどに貼り付けると表示されていたレイアウト・デザインがほぼそのままで貼り付けることができるんですね。

Chapter 3: iPad を趣味に活かす

趣味に活かすための iPad は大きく「音楽」「ビデオ」「動画」「写真」を軸として、電子書籍、ゲームに至るまでアプリと共に紹介されていました。このあたりになりますと、ブログのアプリレビュー的な感じもするのですが、本として流れを汲んで紹介されているところがわかりやすいですよね。本の強みはこんなところにあるなぁと思った次第です。

特に音楽に関しては iTunes Storeの使い方、PC版iTunesとの同期なども詳しく解説されていますので、音楽データをうまく iPad に活用させたい方は必見だと思います。また、動画に関しても、閲覧の Youtube から編集の iMovie まで扱い方に触れられていました。

・プレイリストを活用して自分だけのベストアルバムを
・Bluetooth Airplayスピーカーで音楽を聴く
・動画やプレゼンを大画面で楽しもう

このあたりの記事が面白かったです。

Chapter 4: ビジネスにも iPad を

最終章はビジネスへの活用術でした。

ここまで来ますと内容もかなり濃くて、カレンダー、リマインダー、連絡先など実用的なデフォルトアプリの紹介から始まり、データのクラウド管理として、「iCloud」が大きく取り上げられていました。iCloud関連の記事は非常に濃く、詳しく、わかりやすいのでおすすめです。また、同期に関しては Google Sync の活用法も詳細に解説されていました。

・連絡先の基本操作と表示グループの切り替え
・「iCloud」を使って各種情報を同期しよう
・Wi-Fi同期を利用するには?同期に関するエトセトラ

このあたりがおすすめの記事でした。

後半では、ビジネス系のサードパーティアプリが目的別に紹介されていまして、私のもっていないようなアプリも多数紹介されていて、購入の参考になりましたです。

異色だったのはローカルにバックアップしたバックアップファイルから情報を吸い出す方法についても触れられていたところですね。タイトルだけを見ても魅力的な内容が多くてこの本のもっとも役に立つ部分ではないかと思ったりしました。

まとめ

全体的にはやや上級者向けの内容が多いものの、できる限り「Chapter 1」に基本的な事項を揃えてわかりやすく解説されていますので、まずはそちらを熟読することをお勧め致します。

ただ、上級者向けに見える記事についてもその解説が非常にわかりやすい。それを解決するのがアプリだったり、比較的記事を読みながら使ってみると案外簡単なことが多かったです。iPad のつかいこなしにおいてこれだけの選択肢があるんだなぁと感心しきりでございました。

「私iPad 買ってはみたんだけどいまいち使うシーンが見えてこないんですよね」とか
「オレは iPad は写真を見るだけで十分だぜ」と言う方などにはお勧めです。さまざまな利用シーンを提供して下さっているのがこの本の素晴らしいところだと思いました。

ぜひ手に取ってご覧頂ければと思います。

「新型 iPad Style Book」を3名様にプレゼント致します!

このたび、マイナビ様より今回ご紹介した本を頂きました。誠にありがとうございます。

3名様にプレゼントします。

@donpy 宛にこの記事のURLと「Style Book 希望」とツイートして下さればOKです。できれば当選の通知の際受け取り確認を致しますのでフォローをお願い致します。

【例】

Share a link on Twitter

締め切りは 5/23(水曜日)23:59 とします。発表は5/27(日曜日)の予定です。多数の応募お待ちしております。

.

 - 製品レビュー , , , , ,

ブログパーツ