覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.8.00

*

厚さ3mmのフェルトマジック。赤い新型がやってきた!
〜 フェルトケース新時代。 〓 abicase 〓 HYBRID 登場。

   

つい先日の AppBank大阪オフ会で @abiphoneab さんから新作フェルトケースができたということで頂いてまいりました。

skitchwu4Ind

これまでiPad、MacBookAirでは 〓 abicase 〓 を愛用させてもらってきたのですが、iPhone は出し入れが激しいのであまり使っていませんでした。今回のケースは今までのものとはちょっと違います。いや、かなり違います。


Photo by donpy

一見、従来品と同じように見える 〓 abicase 〓 。一体どんな仕掛けがほどこされているのでしょうか?早速開封してみようと思います。

開封の儀とハイブリッドスタイル


Photo by donpy

このケースのファーストインプレッションは「薄い!」「やわらかい!」です。

工業用フェルトを使って厚みを増すのはケース本来の目的としては理に適っているとは思うのですが、常に出し入れする iPhone を使うシーンを考えると私は「やわらかめ」が好みでしたので、その希望にしっかり沿った素材選びをしてくださったんですね。これはうれしい。フェルトの厚みは3mmなんだそうですよ。

上下の袋の部分に iPhone をはめ込んで装着する アウトサイドスタイル。いつでも iPhone の画面を確認できる私もお気に入りのスタイルです。


Photo by donpy

裏を見てみますと、カード類が数枚収まるポケットが付いています。なるほど、ここにICカードなどを入れて自動改札を素通りできる仕組みになっているわけですな。私はだいたい名刺入れますけども。

ふむ、なるほど。薄くてカードも収まる。確かに便利だ。しかし、これだけでは「違い」はほとんどないじゃないか。

まあまあ、落ち着きましょう。このケースはこうも使えるんですよ。


Photo by donpy

中身クパァァァ!!!

なんと、iPhoneがすっぽり収まる インサイドスタイル!! なんと新型の 〓 abicase 〓 は インサイド、アウトサイドどちらのスタイルにも対応していて、利用シーンに応じて使い分けることのできる構造になっていたわけです。だからこそ薄さを追求しなければならなかったわけですな。いわば、ハイブリッド型 〓 abicase 〓 。

それぞれのスタイルで iPhone を装着してみようと思います。

アウトサイドスタイル


Photo by donpy

ケースの表の上下に付いている袋部分に iPhone をスルっとはめ込んでいきます。適度なきつさが良いですね。緩すぎると iPhone が落ちてしまいますから。


Photo by donpy

このようにキレイに収まりました。このスタイルで、iPhoneを操作すればよいわけですね。やさしい触感のフェルトが手のひらに伝わる感じがいいですね。


Photo by donpy

写真を撮りたいときにも裏のフェルトをペロっとめくれば撮影可能。いちいちケースから取り外す必要もありません。しかも普段はカメラ穴がきちんと塞がる設計になっていてなんともオシャレです。


Photo by donpy

ケース底面付近のフェルトの形状を見て下さい。この丸みがポイントです。なんともかわいいではありませんか。ステッチもさらに熟練の域に達しています。初代のステッチからは明らかに目が細かくなっている感じです。


Photo by donpy

初代ケースは今は名刺入れとして使わせて頂いております。ね、ステッチ部分の糸とか、縫い目そのものがかなり変わっているのがわかりますよね。手作りの素晴らしさですね。


Photo by donpy

実際に使ってみるとこの感触とホールド感に大満足しました。これはイケる!

インサイドスタイル

本体がすっぽり収まるインサイドスタイルは主に移動時に iPhone をケースに入れてしまう場合に使えます。


Photo by donpy

音楽を楽しみたい時は、イヤフォンジャックを見えるようにして収納すればOKですし、


Photo by donpy

充電、その他ネックストラップにつけて移動したいときは、ドックコネクタを見えるように収納すればいいわけですね。


Photo by donpy

このようにネックストラップとかカラビナを装着したりしてもかなりお洒落な感じになりますね。


Photo by donpy

ネックストラップだけでは歩くだけでも iPhone は揺れ動きます。下手するとどこかにぶつける可能性だってあります。全面守ってくれる 〓 abicase 〓 ならそんな心配も無用ですね。


Photo by donpy

フェルトケースに収まった様子ですが、美しいですよね。このフェルトの赤は写真でもちょっと伝えるのが難しいんですが、見事な色です。ぜひみなさんにおすすめしたいケースに仕上がっていましたですよ。

これまでもこれからも。進化しつづける 〓 abicase 〓

いかがでしたでしょうか?これまでのケースでも十分満足できるスタイルだったんですが、2つのスタイルを統合したこのモデルは、いろいろなシーンでの不満を一気に払拭した素晴らしい仕上がりだったのではないかと思いました。

正直、インサイドスタイルだけでは一度はずしてしまうと、そのままになってしまうだとか、アウトサイドスタイルだけではやはり本体の露出が大きいことからケース本来の目的からはずれてしまうかなと。それが一体になることでお互いのメリットが強調されてよいバージョンアップができたのではないかと思いました。

本当は相方に使ってもらおうと思ってたのですが、元々 〓 abicase 〓 の赤色は大好きな色でおしゃれだと思っていたこともありましたし、今回のハイブリッドスタイルを実際の生活で使ってみたいということで私が使うことになりました。

興味のある方がいらっしゃいましたら下記サイトで色々とケースを見ることができますよ。是非一度行ってみて下さい。

abicase
http://www.iichi.com/shop/E6785226?shop_id=849&sort=newer
(via iichi – HandMade in Japan )

.

 - 製品レビュー , , , , , , , , , , ,

ブログパーツ