覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.8.00

*

iPhone4 ホワイトモデルにベストマッチ。
「Limited Edition White s4 case」レビュー

      2013/05/19


Photo by donpy

今回はiPhone4ホワイトに最も似合うであろうメタルケース「Limited Edition White s4 case」を紹介したいと思います。このケースは海外のケースメーカー「e13ctron」のケースで極最近に日本販売も始まったそうです。

e13ctron Japan
http://e13ctron.jp/shop/
(via e13ctron Japan )

秋葉原にて7月15日にオープンしたiPhone・iPadアクセサリー専門店「Case Play」で購入できます。

Limited Edition White s4 case:caseplay
http://item.rakuten.co.jp/caseplay/e13ctron_limited_white_s4case/
(via 【楽天市場】【送料無料】 )

限定ケースということで、白さへのこだわり、メタルケースとしての質感。どれを取っても素晴らしいものに仕上がっていると思いました。早速紹介したいと思います。なお、ケースの購入は直販サイトか楽天でのみ受け付けているそうです。

開封の儀


Photo by donpy

コンパクトなケースに梱包されています。表には「 e13ctron 」のロゴが。


Photo by donpy

そして裏面はなにやら説明書きがされているようです。詳しくは後述します。割とシンプルな感じのパッケージで、ケース自体が非常に軽いという事がこの時点でわかります。


Photo by donpy

もうひとつなにやらパーツらしきものが入った袋があるのですが、これはプラスティックのパーツで、正式名称は「 replacement liner kit 」と言うそうです。特にメタルケースでは電波減退という難しさがあるそうで、電波減退の度合いの極力減らす為の秘策なんだそうですよ。


Photo by donpy

パッケージはこのようにパカっと開きます。

フレーム


Photo by donpy

素晴らしい白さですね。金属を白くする難しさはかなりなんでしょうけども、塗装もムラなくきれいに仕上がっているようです。


Photo by donpy

角度を変えて。内側の塗装も見事です。全体が白くなっていまして見ただけでは金属なのかどうかすらわかりません。もちろん触感はメタルそのものです。


Photo by donpy

構造がわからず、「この金属をどうやってiPhoneにはめるんだろう。。」と思っていたら、こういう形でセパレートします。互いのパーツは結構強力な磁石でとまるよう設計されているようです。上部パーツと下部パーツでiPhoneをはさむように装着すればいいわけですね。


Photo by donpy

iPhoneに装着する前にさきほど書きました、「replacement liner kit」をメタルフレーム内面に装着する必要があります。このプラスチックパーツ込みでiPhoneが完全にフィットする設計になっているようで、最初そのままメタルフレームをiPhoneに装着するとスカスカでした。


Photo by donpy

このような感じでメタルフレーム内面にフィットさせます。


Photo by donpy

これを上面下面のメタルフレーム内面に装着する訳ですね。できました。


Photo by donpy

そして本体に装着していきます。。


Photo by donpy

できました!!

ケース装着したiPhoneをじっくり眺める。

装着してみて思ったのですが、ケースだけがきれいでもiPhoneとマッチしないと本当の意味でのケースのデザイン性は果たされません。期待を裏切らない素晴らしいマッチングになっていると思いました。


Photo by donpy

最終のねじどめの前に全方向からチェックしてみました。iPhoneの白さとの色の比較とか、iPhoneのカバーするケースのフィット感が伝わればいいのですが。。


Photo by donpy

本体上面付近です。


Photo by donpy

上側面のスイッチ部とヘッドフォン端子部。操作性を損なう事はありません。


Photo by donpy

左側面のボリュームスイッチ部の開口量はやや小さめです。ミュートスイッチが少し切り替えしづらいように思いましたが、慣れの問題ですね。


Photo by donpy

下側面。ドックケーブルを邪魔する事はありません。スピーカー部の開口量も問題なかったです。最小限の開口量でケースそのものの気密性を高めているように感じました。


Photo by donpy


Photo by donpy

特筆すべきは裏面。iPhoneの裏ガラス面と見事にマッチしているのがおわかりになるかと思います。上の写真はフラッシュ撮影したものです。実際の色合いはこちらのほうが実物に近いと思います。私の撮影環境が暗いのが惜しまれます。。


Photo by donpy

手に取ってみると、この金属の感触が素晴らしいのです。白にこだわり、メタルフレームにこだわった質の高さがすぐにわかります。


Photo by donpy

最後に6点のねじどめで完成です。


Photo by donpy

いやはや素晴らしいケースです。白のiPhoneに合うケースがなかなかなくて、色々と装着してははずしたりしていました。ケース本来の本体を守る意味でも強度的にも十分すぎますし、電波減退への対策もなされていて、通話通信に問題は出ておりません。何よりもiPhone ホワイトの「白」という色へのこだわりがすごいなと思いました。

聞くところによりますと、今回のLimited Edition White s4 caseは250個当初作られたそうですが、塗装がすごく難しく、売り物になる形で仕上がったのが38個になってしまったそうです。かなりのレアものということになりますね。ぜひその仕上がりを体験していただければと思います。おすすめです。

[追記]

明日7/29-31日まで開かれる「iPhoneケース展」が横浜にて開催されます。そこで今回紹介したケースも出展されるようですよ。ぜひ会場にて実物を体験してみてはいかがでしょうか?

【7月29日から31日まで】 iPhoneケース展が今年も横浜赤レンガ倉庫で開催されます。
http://www.appbank.net/2011/07/27/iphone-news/280751.php
(via AppBank )

.

 - 製品レビュー , , , , , , , , ,

ブログパーツ