覚醒する @CDiP

for iPhone / iPad ,Android ,Cloud Device User ver.6.50

*

@donpy 通信【336号:2012/02/11 随時更新】
〜 普段体験することのないことを3つも体験してしまいました。

   

いよいよ、今日です。果たしてこの時間にエントリー書いていて、翌朝大丈夫だろうか。。

さて旅立ちます。

前夜祭でお騒がせな感じになってしまいまして、これから Dpub に向けて旅立ちます。

3つの不思議なことを体験してしまいました。

◆ 謎の郵便物が。

なぜか昨日期日指定で AMAZON から荷物が届いておりました。

skitchyQA8CE
skitchyQA8CE Photo by donpy

送り主が私でギフトとか。。。

IMG_0078
IMG_0078 Photo by donpy

そこには明らかに AppleFan と思われるジョブズ本と 明らかに Evernoteヘビーユーザー からと思われる2冊の本が入っていました。これは今日のプレゼントか何かに使えと言うことなのか…? ちょっとキモチワルイと思いまして AMAZON の注文履歴なども確認しましたが、そういうことではないようです。

期日指定が Dpub の前日ということもあって、今日の Dpub 開催中に何らかのことがわかるのではないかと期待しております。いやーびっくりした。

◆ 今日お配りする予定のブツが届かない。

IMG_0080
IMG_0080 Photo by donpy

緊密な連絡を取り合っていたはずなのに、ブツが届いていませんでした。焦っていろいろ探してみると「不在通知」がありました。朝一郵便局に問い合わせて直接取りに行くことで解決。危なかった!

写真をよく見るとわかりますよね(笑)

◆ iPhone落とした!

落としたと言いますと、「大丈夫ですか?割れてませんか?」という反応が返ってくることが多いんですね。そうじゃなくて「紛失しました。」(滝汗)

前夜祭ということで昨日は大阪に行っておりました。そこで1次会から2次会への移動をタクシーを使ったのですが、そこで料金支払うためにシートに iPhone 置いたまま降りてしまいました。すぐに気付いたのですが、大阪駅前ということで大量のタクシーの中から自分が乗っていたタクシーなんてわかりません(汗)一瞬焦りましたが、そこは iPhone 。

幸い、私は iPhone 2台持ち(SIMなしですけど)なので、もう一台の iPhone から「iPhoneを探す」を起動。

iPhoneを探す 1.3
容量 : 5.4 MB
リリース日 : 2010/06/18
カテゴリ : ユーティリティ
価格 : 無料
販売元: Apple
AppStoreでの評価 : 4
AppStoreでチェック → iPhoneを探す

 

これから自分の iPhone を探してみると、

IMG_0071
IMG_0071 Photo by donpy

しっかりと私のいない場所に iPhone がwww なんかリアルでしたねぇ。すぐにメッセージに一緒にいた方の電話番号を書いて、緊急メッセージを送信してみました。するとすぐにタクシーの運転手さんから連絡がありました。翌日事務所まで取りに行くということで話はつきました。あーよかった。

IMG_0069
IMG_0069 Photo by donpy

念のためにロックもかけておきました。万が一に役に立つだろうとは思いましたが、こういうことって万が一どころじゃなくいつでも起こりうるなと思いましたです。ま、前夜祭ということで浮かれまくっていたバチが当たったと言うことで。。。

肝心の前夜祭はなんだかんだでてんやわんやで覚えておりません(笑)

というわけで今から出発しないと Dpub に間に合わないということなのです・・・。東大阪に事務所があるらしいんですが、人生で一度も行ったことがないわけで、そこで迷子になったらおしまいですね(汗)がんばります。

ゲーム性と操作性

skitchZFxILP
skitchZFxILP Photo by donpy

ゲームレビューで当たり前のように書かれている操作性の話なんですが、

「指で隠れるから」

という理由で評価を下げるというのは、昔の駄菓子屋ゲーセンでふにゃふにゃのレバーでめりこんだボタンでの筐体でプレイしたときに「このゲームはクソ」と言ってるのに等しいと思ってます。

そんな環境、プレイヤーが「見えるようにプレイ」してこそだと思いますし、それをゲーム評価そのものを操作性で評価に含めるのは果たして正しいのでしょうか?

私個人としてはそれを含めてのプレイでカバーしろよ。と思うわけであります。だってハードとしてのタッチ操作なんだから。

それを「画面75%にしろよ」とか言ってそれを実装した瞬間評価が上がるってのは、はっきり言って迷惑千万です。

せっかくの開発者の表現力も75%になるわけで、それだから評価が上がるってのはどうかと思うわけです。それが常識と言わんばかりの評価はもはや私の中では何にも値しないと思ってます。それははっきり言ってお坊ちゃまゲーマーの甘えでしょう。どんなときでも連射装置が付いていてレバーはセイミツレバー。ボタンも完璧。その環境が普通なんでしょう。そうじゃない環境でもそれに自分が変わり身できることこそ実力なのではないでしょうか。

と偉そうに言える腕を私が持ってればまさに鶴の一声になるわけですが。。

そんなレビュアーの腕はこのように偉そうに言う私とは次元の違う腕をお持ちなので、要するにうまいやつが勝ちということなのかもしれません。。。まったく歯が立ちませんよ。

しかしながら、プレイ環境とゲーム性を同じ土俵で評価するのはどうかと思うわけです。Dpadの反応が良い悪いはわかるんですけども。相対タッチ操作なら自分の指の置き場を変えればいいわけじゃないすか。その工夫も含めて攻略になるわけです。それとゲームの評価はまったく別次元だと私は思います。

.

 - 迷走日記 , , , , , , , , , ,

ブログパーツ